Menu
HOME>アーカイブ>電気代が安く寿命の長くコスパが良いのが特徴
蛍光灯

省エネでコスパが良い

LED照明器具は、発熱電球の照明器具よりも寿命が長いのが特徴です。発熱電球の寿命が1000時間から2000時間であるのに対し、LEDの寿命は4万時間ほどであるため、照明器具を長く使えコスパに優れています。また、発熱電球はつけたり切ったりを繰り返すことで寿命が縮んでしまいますが、LEDはつけたり切ったりを繰り返しても寿命が縮まることはありません。照明を頻繁に交換する手間も省けるでしょう。また、消費電力も低く発熱電球の5分の1ほどです。そのため、長時間使用しても電気代を安く抑えられるので、一般家庭の照明器具から信号や街灯などの公共で使用される照明まで、さまざまな物に使用されています。

衝撃に強い

LED照明器具が人気の理由は、衝撃に強いことがあげられます。電球を交換する時に、誤って落としてしまい割った経験がある人は多いでしょう。LEDは衝撃に強い構造となっているため、落としても割れにくいのが利点です。また、白熱電球のように熱をもたないので、触っても熱くないので交換しやすいのも人気の理由です。熱や紫外線が少ない照明なので、写真や絵画などの色の劣化も防げます。リビングの飾り棚などの照明にも向いています。

広告募集中